健康

日焼け止めはいつから?正しい塗り方、消費期限は?夏前に要チェック!

更新日:

日焼け止め聞くと、真夏に塗ると言うイメージが強い方が多いですよね。

気温が上がってきて夏に近づいてきたら慌てて日焼け止めを意識し始める方も多いのではないでしょうか。

紫外線からお肌を守ることはいつまでもきれいなお肌でいるために大切なことの1つです。

特に4月からは紫外線の値が多くなるので、対策として日焼け止めを塗られることをお勧めします。

意外と知らない紫外線量、日焼け止めの塗り方、使用期限について見ていきたいと思います。

日焼け止めの使い方を理解してきれいな素肌を保ちたいですね。

 

日焼け止めいつから?

ご存じでしたか?4月の紫外線の量は8月と同じ位なんです。

気象庁が発表した日最大UVインデックス(解析値)の値は

 7月6、1

 8月6、01年のうちで最も高く

まだ暑い9月の値の4,44月はほぼ同じの4,3です。

4月から5月(5,1)に向かって少しずつ値も大きくなっていくので朝のスキンケアの時に日焼け止めを塗っておかれることをお勧めします。

*外で出かけられることが多い方は、紫外線量の少ない冬も1年を通して塗られると良いと思います。

 

日焼け止めの塗り方

振ってから使う

以前、日焼け止めを振らずに使った時に下の方に固形のかたまりが残ったことがありました。

お使いになる前に日焼け止めを振ってから使うことをお勧めします。

顔の5点においてから塗る

日焼け止めを、おでこ、鼻、両方のほお、顎にのせて力を入れずに指のはら全体でゆっくりのばします。

首は、下から上へと顎の下に向かって塗ります。

首もお顔の一部と思って一緒に塗りましょう。

唇にも紫外線から守ってもらえるリップクリームや口紅を塗りましょう。

 

塗り残しに気をつける

自分ではしっかり塗っていたつもりでも、意外と塗り残しがあるものです。

鼻の1番高い部分を塗り残してシミになった友人がいました。

鼻、鼻の両脇、瞼、顎の下のフエィスラインなどは塗り残ししやすい箇所です。

1度塗ってから重ね塗りをすると安心です。

注意点!

  • 日焼け止めの量が少ないと効果が半減してしまいます。量は500円玉位で思っているよりも多いと思います。
  • 肌にすりこまないように塗りましょう。
  • 目の周りは、皮膚が薄いので目頭から目じりに向かって力を入れず薬指などで優しくのばします。

 

日焼け止め消費期限は?

開封して使いかけの物は、長くても1年以内に使い切りましょう。

*何か月か経って日焼け止めを使う時は、色や匂いに注意して、心配な場合は身体に塗って様子を見てみても良いかもしれません。

余分に買ってしまうなどで未開封の物は、2年から長くても3年以内に使ってください。

 

まとめ

冬は、暖房でお部屋が乾燥していたりするので肌も乾燥しがちで案外ダメージを受けていたりします。

そのお肌に春になって少しずつ強くなってくる紫外線があたるとシミやトラブルの原因になったりしますよね。

紫外線からお肌を守るためにも日焼け止めは有効だと思います。

若い頃はターンオーバーも早いですが、年齢を重ねると日焼けによる肌のトラブルが起こりやすくなります。

洗濯物を干したり、ゴミを出したり、近い距離のお買い物なども注意が必要です。

日焼け止めを正しく使っていつまでも若々しくきれいな女性でいたいですね!

-健康

Copyright© アラふぃふぉ , 2021 All Rights Reserved.