生活

フリマ初挑戦!フリマ歴10年の友達から学ぶコツとは?

更新日:

皆さんは、フリーマーケットに行かれたことがありますか?

大好きでよく行くと言う方も多いと思いますし、たまたま出かけた先で開催していて、思いがけず欲しかった物が安く買えてラッキーなこともありますよね。

私はお買い物が好きな方で、ぱっと見て直観でいいなと思った物は迷わず買ってしまいます。

物は増えるのに捨てるのは勿体ないと思う方なので、なかなか片付きません。

先日、フリマ歴10年、月に5回お店を出していると言う友達と一緒にお店を出させてもらい、フリマデビューしてきました。

実際に出店してやってみないとわからないこともあり、今回フリマについて勉強になったことをお伝えしたいと思います。

 

場所選び

私が行ったのは、神戸の毎月2,3フリマが行われると言う屋外の会場です。

畳1畳位のスペースで2000円で場所を貸してもらえます。

車ごと出店する方法もあるようで、場所代はもう少し高くなりますが、荷物を運ぶ手間がはぶけ、片づけも楽ちんそうです。

3人でやったので一人730円位で済みますが、1人で2000円の場所代はかなり売り上げないと損かなと思います。

場所はくじ引きなので、どの場所になっても公平で仕方ないの気がしました。

人の動きを見ていると、入口かもしくは真ん中位がいいように思いました。

 

早めの出店準備

開催時間は9時半からだったので、8時過ぎには着いて荷物を運んだのですが、お店を出される方が来られる時間はバラバラでした。

毎週お店を出されている方はとても手なれていて、ぎりぎりに来てもすぐに用意ができたり、車の荷台をそのまま使って商品を置いている方もいました。

何よりもびっくりしたのは、お客さんがとても早く来られることです。

考えてみたら、幾つも同じ商品がある普通のお店と違って良い物から無くなっていくので、とにかく早めには鉄則なんですね。

まだ並べてもいないうちに値段を聞かれたりすることもあるのでその場で慌てないように値段の目安を決めておきましょう。

 

商品の並べ方

当たり前ですが座っている自分とは逆向きに、お客さんから見て正面になるように並べます。

洋服は、かけられるラックがあった方がお客さんも見やすいですし、洋服も踏まれたりして汚れません。

お客さん側から大きいものから順番に自分の近くの目の届く所に小さな物を置くことをお勧めします。

*商品を並べている時に物が無くなった、自分から遠い所に置いてあった小さな物がいつの間にか無くなっていたと言う方がいたので注意が必要です。

同じ物でもビニール袋に1つ1つ入れていると見栄えがします。

中を見せてと言われた時にきれいに開けられるように、セロテープで止めるより、マスキングテープをお勧めします。

 

お客さんへの声掛け

買ってほしいからといって、やたらと話かけるのはダメです。

お客さんは、まずじっくり品物を見たいんですよね。

新品と違って中古品の場合は、汚れていないか、壊れていないか、使える物なのかなどをきちんと確認しますよね。

そんな時にあれこれ話し掛けてしまうのではなく、1通り見てお客さんが迷っている時が声掛けのチャンスです。

迷っている時に少し値引きをもちかけたり、2つ買うと安くしますなどの声をかけてみるのがコツです。

中には、物凄く安くと交渉してくる方もいますが、値引きされる事を見込んで高めに値段をつけておく必要があります。

値引きしてもう少し安くと言われたら、すぐに断るのではなく、ほんの少しでも安くしてあげると案外買ってくれるものです。

 

商品が残らないために

8割位のお客さんが値引き交渉をしてきます。

この値段までだったら売ってもいいと言う金額を決めておくと良いです。

午前中は比較的お客さんも多いので値引き率は少なくても案外売れます。

とは言っても子供がお小遣いで買いにきていたり、お年寄りには安くしてあげたいですね!

お昼を過ぎてきて残りそうな物は、赤マジックで値段の訂正をしたり、今からセールのようにお客さんにわかるように書くと効果的です。

残り時間2時間を切ったら、残る可能性の出で来る物が残っています。

後は自分の考えで、安くしてでも売ってしまいたい物なのか、それとも安く売る位なら持ち帰るのか決めます。

売ってしまいたい物は半額にしたり、100円、200円のコーナーなどを作り1まとめにします。

その際に安くしてますなどの声かけも有効です。

 

売る以外にも楽しむ

フリマに参加される場合は、最低2人以上での参加をお勧めします。

お店番は必ず1人は必要ですし、お昼を交代で食べたりも出来ます。

それにせっかく沢山のお店が出ているので自分自身も掘り出し物を見つけたらもっと楽しいですよね。

他のお店を見て回ると並べ方や接客の方法などの勉強にもなりますよ。

 

まとめ

フリーマーケットに出店者で参加したのは初めてでしたが、とっても楽しいい1日でした。

屋外でやる場合、お天気や季節によるのかもしれませんが、思っていたよりもかなり沢山のお客さんで賑わいます。

売れないと思っていた物があっさり売れたり、その逆で売れると思っていた物が残ってしまって安く値段交渉されたりしました。

お客さんとの値段の駆け引きも面白いと思います。

なによりも不要だと思っていた物が他の方に喜んで使っていただけることが1番嬉しいことかもしれませんね。

たまに場所代が無料で開催されることがあるみたいなので、皆さんも是非1度体験されてみてくださいね。

-生活

Copyright© アラふぃふぉ , 2021 All Rights Reserved.